天然樹木茶タヒボNFD

天然樹木茶タヒボNFD

天然樹木茶タヒボNFD

天然樹木茶タヒボNFD、もう名前が体に良さそうです(笑)。

どんなお茶なんでしょう?

一般的なお茶は、「茶の樹」の“葉”の部分を乾燥、加工したものですが、タヒボジャパン社製造の「タヒボ茶タヒボNFD」は南米アマゾン川流域の限られた地域に自生する天然木タベブイア・アベラネダエ(タヒボ)の外皮と木質部にはさまれたわずか7ミリほどしかない「内部樹皮」を採取し、粉末にしたものです。

スポンサーリンク

タベブイア・アベラネダエ(タヒボ)の内部樹皮にはビタミン、ミネラルやキノンという成分がたくさん含まれており、古代インカ帝国の昔から、人々の健康のために煎じて飲用されてきました。

「タヒボNFD」には美容と健康維持に欠かせない成分が、豊富にバランスよく含まれています。

また、タヒボ茶には一般的なお茶と違ってカフェインが含まれておりませんので、おやすみの前にも安心してお召し上がりいただけます。

天然樹木茶タヒボNFDについて、詳しく書かれた資料、サンプルをご希望の方は、⇒ タヒボ武蔵野のホームページからサンプル請求ができます。

タヒボNFD(粉末、ティーバッグ、エッセンス)タヒボナフディンを初めてお買いあげの方には、「耐熱ガラス製ポット」をプレゼント!

こういった今までに飲んだことのない飲料には、たいていお試しサンプルが付いています。

いろいろ調べて飲んでみるのも楽しいものです。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional