飲みやすい青汁を

飲みやすい青汁を

飲みやすい青汁を

「う~まずい・・・でも、もう1杯!」で有名になった青汁。

野菜が足りないといわれる現代人、それをジュースにして飲むという単純なものですが、“青汁”といってもいろいろあります。

青汁素材として代表的なものはケールですが、ケールには、現代人の食生活で不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維がバランスよく含まれています。

また、ケールの代わりにさまざまな植物が代用されております。

スポンサーリンク

  • キューサイ青汁

粉末青汁スプーン一杯の中に、カロテン、カルシウム、カリウム、ビタミン・食物繊維など、現代人にとって必要な栄養成分がたっぷりと含まれています。

キューサイ青汁は「極・細粒製法」(きわみ・さいりゅうせいほう)によって、さらにのどごし良く、なめらかな飲み口を実現しました。

  • くわ青汁

これは、桑の葉ですね。

桑+抹茶+シルクペプチドで、抹茶の風味とほのかな甘味。飲みやすくしています。

桑の葉には他の植物にはみられない特有成分DNJが含まれており、ケールと比較すると各種ビタミンや食物繊維などの栄養素、カロチンやγ-アミノ酪酸(ギャバ)、クロロフィルなどの有用成分、SOD活性などが多く含まれているそうです。

  • 緑効青汁

選び抜いた栽培地で農薬を一切使わずに栽培した大麦若葉が主原料。

特許ゴールデンバランスとビタミンやミネラルなどで、食生活の栄養バランスを整えました。

成分については説明されてもよくわかりませんが、やはりポイントは飲みやすさでしょう。

試供品をもらって、飲み比べるとしましょうか。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional