香水のテスター

香水のテスター

香水のテスター

『パフューム』という18世紀のフランスを舞台にした映画って観たことあります?

数キロ先の匂いも嗅ぎわけるという、たぐいまれな才能を持った香水調合師のお話なんですけど・・彼が生み出した究極の香水というのが、怖いものだったという映画です。

この映画の主人公ほどじゃなくても、香水調合師は何通りものニオイが嗅ぎ分けられなくてはなりません。

さらに、消費者の好むニオイを調合するわけですからたいへんですよね。

スポンサーリンク

香水のサンプルを配って、感想を書いてもらうなどということもあります。

関心するのは、ワインのソムリエのように、香水を“初夏の爽やかな高原の香り”などと何通りにも表現している広告です。

香水をつける側にしてみたら、人と同じニオイというのはイヤなものです。

また、たまにエレベーターの中で、過剰に香水を振りかけている人に遭遇しますが、ああもなりたくありません。

そこで、“自分なりの香り”を探すわけです。

デパートやドラッグストアの香水コーナーに、テスターが置いてあります。

複数振りかけると気持ちが悪いニオイになってしまうので、ティッシュペーパーにかけてみます。

そして、試供品があれば試供品を、気にいれば本体を買うといたしましょう。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional